日本代表の酒井高徳について

酒井高徳

酒井高徳は新潟県三条市出身のプロサッカー選手で、ブンデスリーガ・ハンブルガーSVに所属しています。日本の代表で、ポジションはディフェンダーとしてプレーしています。四人兄弟の次男で、二人の弟もプロサッカー選手であります。「彼はものすごくフレキシブルな選手で、両利きで、左サイドバックも右サイドバックもできる。それに、攻撃の起点としても強力だ」などという評価があります。

酒井高徳は10歳からサッカーをプレー始め、三条サッカースポーツ少年団、レザーFSジュニアユースを経て2006年にアルビレックス新潟ユースに入団し、U-16日本代表に選出されました。以後U-17、U-18と各カテゴリの代表チームに選出されました。2008年にはU-20日本代表へも選出され、SBSカップ 国際ユースサッカーへ出場しました。2009年3月7日に味の素スタジアムで開催されたJ1第1節でリーグ戦に初出場しました。同年度は途中出場を中心にリーグ戦18試合に出場しました。2010年度よりレギュラーとして試合出場するようになり、翌2011年10月1日、東北電力ビッグスワンスタジアムで開催されたJ1第28節でプロ初得点を果たしました。2012年9月6日に故郷、新潟にある新潟スタジアムで行われたキリンチャレンジカップ2012、対UAE戦でA代表デビューを果たしました。2014年5月12日にW杯ブラジル大会の日本代表メンバーに選出されました。

酒井高徳

酒井高徳は2011年12月23日、ブンデスリーガ・VfBシュトゥットガルトへの期限付き移籍が発表して、新潟の生え抜きの選手が欧州のクラブに移籍するケースはこれが初です。2013年1月10日、VfBシュトゥットガルトへ完全移籍に決めました。2015年7月5日にハンブルガーSVへ完全移籍しました。

日本代表 酒井高徳 ユニフォームは豊富に納品備えっています、激安に販売しています。着るとサッカー選手との親近感が溢れるでしょう!ご購入はこちらへ!

日本代表 ユニフォーム 購入