ベルギー代表のアザールについて

アザール

エデン・ミハエル・アザールは、ベルギー・エノー州ラ・ルヴィエール出身のサッカー選手です。プレミアリーグ・チェルシーFCに所属していてのベルギー代表です。フォワード、ミッドフィルダーでプレーしています。

アザールは1991年1月7日にベルギーのラ・ルヴィエールに、プロのサッカー選手であった両親のもとに生まれました。ユース時代はAFCテュビズで過ごしました。後はLOSCリール・メトロポールの下部組織に移りました。2007年11月25日のASナンシー戦でリーグ・アンデビューすると、2008年9月20日のAJオセール戦で初得点を記録し、2008-09シーズンはベルギー人として初めてリーグ・アンの最優秀若手選手賞として受賞しました。そして、2009-10シーズンも続けて最優秀若手選手賞を受賞し、史上初の2度の受賞となりました。2010-11シーズンは自身最多となる8得点を記録しました。また、リールの2冠に貢献し、リーグMVPに選出されました。

アザール

2011-12シーズンからは背番号10を背負い、リーグ戦38試合20得点18アシストで、リーグ3位の得点・リーグ首位のアシストを記録して、2年連続でリーグMVPに選出されました。2012年にチェルシーFCへの入団が決定しました。2012年8月19日に開幕戦となったウィガン・アスレティックFC戦でリーグデビューすると、当たりの激しいプレミアリーグにもすぐに適応する順応さをみせ、開幕から3試合連続でマン・オブ・ザ・マッチに選出されました。2014-15シーズンからはフアン・マタの移籍により背番号を10番に変更していました。 この年も開幕戦から中盤のレギュラーとして圧倒的な活躍をみせ、リーグ戦37試合に出場して14得点8アシストを記録しました。そして、クラブの5年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献しバークレイズプレミアリーグ年間最優秀選手賞、PFA年間最優秀選手賞、FWA年間最優秀選手賞と3冠の個人賞を獲得しタイトルを総なめにしました。 2005年、14歳のアザールはLOSCリール・メトロポールの下部組織に加入して2012年にチェルシーFCの移籍を決めました。

ベルギー代表アザールに関するユニフォームを豊富に取り揃えております。ご購入こちらへ!

ベルギー代表 ユニフォーム 購入

パリサンジェルマンのディマリアについて

ディマリア

 アンヘル・ファビアン・ディ・マリア・エルナンデスは1988年2月14日に生まれ 、アルゼンチン・サンタフェ州ロサリオ出身のサッカー選手です。現在はリーグ・アン・パリ・サンジェルマンFCに所属してのアルゼンチン代表であります。ポジションはフォワード、ミッドフィールダーです。

ディマリアは4歳で地元のクルブ・トリートというサッカークラブに通い始め、14歳でロサリオ・セントラルに入団し、2005年に17歳でデビューします。2007年にロサリオ・セントラルを率いたカルロス・イスチアによって左ウィングにコンバートされたことにより才能が開花しました。2007年、シモン・サブローザの代役として移籍して、初参加となったUEFAチャンピオンズリーグではグループリーグ6試合全てに出場することになりました。2010年6月28日、レアル・マドリードに加入してソシエダ戦ではリーグ初ゴールを記録しました。その後もコンスタントにプレーし、ディ・マリアのアンヘルというファーストネームから、移籍したラウル・ゴンサレスに代わる『マドリーの新たな天使』というニックネームをもらいました。そして、相手監督のハリー・レドナップから「あのゴールは本当に素晴らしかった」という評価がありました。

ディマリア

FCバルセロナとのコパ・デル・レイ決勝は、延長前半に左サイドのクロスからクリスティアーノ・ロナウドの決勝点を演出しました。2014年夏のQPR戦でリーグ初ゴールを記録しましたが、2014-15シーズンはリーグ戦で3得点に留まりました。2015年8月6日、フランスのパリ・サンジェルマンFCへ移籍することをクラブ公式Twitter上で発表しました。契約は2019年6月30日までの4年間で、背番号は『11番』になることです。

2007年7月、ボカ・ジュニアーズとの獲得争いを制したベンフィカにシモン・サブローザの代役として移籍しました。そして、2010年6月28日、6年契約でレアル・マドリードに移籍しました。また、2015年8月6日にフランスのパリ・サンジェルマンFCに加入します。

パリサンジェルマンディマリアに関するユニフォームは豊富に納品揃っています。ご購入こちらへ!

パリサンジェルマン ユニフォーム 購入

ドルトムントのマルコ・ロイスについて

マルコ・ロイス

 マルコ・ロイスは1989年5月31日に生まれ、ドイツ・ドルトムント出身のサッカー選手です。今はブンデスリーガ・ボルシア・ドルトムントに所属してフォワードとミッドフィールダーのポジションで活躍していました。

マルコ・ロイスは2003年からボルシア・ドルトムントのユースチームに所属して、2006年の夏にロート・ヴァイス・アーレンに移籍しました。2009年5月25日、ボルシア・メンヒェングラートバッハに4年契約で移籍しました。シーズン終了後にはドイツ年間最優秀選手に選出されました。2011年からドイツ代表に招集されるようになりました。代表初得点は2012年5月26日のスイスとの親善試合で記録です。UEFA EURO 2012のドイツ代表にも選ばれ、準々決勝のギリシャ戦で得点を挙げ勝利に貢献しました。2012年にボルシア・ドルトムントに5年契約で移籍して、この年度は最終的にリーグ戦でリーグ6位の14得点を挙げる活躍を見せました。

マルコ・ロイス

2013-14シーズンはリーグ戦で16得点を挙げて、その活動おかげで、ドイツのプロサッカー選手会の会員より28.6%の支持で2013-14シーズンにおけるドイツ最優秀選手に選ばれました。2003年からボルシア・ドルトムントのユースチームに所属し、2006年の夏にロート・ヴァイス・アーレンに移籍しましたが2009年5月25日、ボルシア・メンヒェングラートバッハに加入しました。2012年夏にユース時代を過ごしたボルシア・ドルトムントに5年契約で移籍しました。それに、2015年2月10日、ボルシア・ドルトムントと2019年6月30日までの契約延長を発表しました。

マルコ・ロイス ドルトムント ユニフォームは今激安に販売していますから、ご購入こちらへ!

ポルトガル代表のロナウドについて

ロナウド

 ロナウドはブラジル連邦共和国リオデジャネイロ市出身の元サッカー選手であります。小さい頃からヨーロッパに渡り、FCバルセロナ、インテル・ミラノ、レアル・マドリード、ACミランといったクラブでプレーでしたことがあります。ポジションはフォワードとしてプレーしています。

 

 ロナウドは1996年にはKNVBカップ優勝に貢献しました。オランダでの活躍が認められ、1996年にスペインのFCバルセロナへ移籍してスペイン国王杯の優勝に貢献して、リーガ得点王に輝いました。2002年に大会が開幕するとリバウド、ロナウジーニョと”3R”と呼ばれる攻撃トリオを組み、グループリーグから得点を量産しました。準々決勝のイングランド戦以外の全試合で得点をあげ、8得点を挙げ得点王に輝くと共に、ブラジルの5度目のワールドカップ制覇に貢献しました。準決勝トルコ戦ではフットサル張りのトーキックで決勝点を決めて、決勝のドイツ戦では2得点を決める時活躍していました。

ロナウド

2008年のシーズンオフ、契約満了にともないACミランを退団しました。その後ブラジルのフラメンゴでリハビリや練習を続けていたが、2008年12月コリンチャンスに加入しました。2014年12月北米サッカーリーグのフォートローダーデイル・ストライカーズの共同オーナーに就任しました。

 ポルトガル代表 2016  ユニフォームを豊富に納品揃えています。ご購入こちらへ!

ポルトガル ユニフォーム 購入

 

ドイツ代表のエジルについて

エジル

 

エジルはドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州ゲルゼンキルヒェン出身のサッカー選手であります。幼少期は、金網で囲まれた「サルの檻」と呼ばれるコートでストリートサッカーをやっていました。7歳の時に、ゲルゼンキルヒェンにあるクラブでサッカーをプレー始め、2000年から5年間ロートヴァイス・エッセンのユースに在籍していました。その後シャルケ04のユースに移って、2006年夏にトップチームに昇格して、2006-07シーズン第1節のアイントラハト・フランクフルト戦でデビューしました。アーセナルFC所属のドイツ代表でMFとして活躍しています。

 

2010年の南アフリカW杯での活躍によってリーガ・エスパニョーラやプレミアリーグなどのいくつものクラブから注目を集めるため、レアル・マドリードは最後のオファーを出して、8月17日6年の契約でレアル・マドリードへの移籍が発表されました。デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦では移籍後初ゴールも挙げました。UEFA EURO 2012においては、ドイツ代表の主力として10試合全勝での予選勝ち抜けに貢献しました。グループBを3戦全勝で勝ち抜け、準決勝でイタリア代表に敗れたもののエジルはPKからその試合唯一の得点を記録して、大会優秀選手の一人に選ばれ、本戦において、オランダ、ポルトガル、デンマークと同じグループで「死のグループ」と呼ばれました。また、2011年3月6日のラシン戦では2つのアシストを記録して、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれました。この試合後、母国ドイツを始め欧州や南米のメディアから「フットボールのモーツァルト」という高い評価がありました。

エジル

エジルは2013年9月2日アーセナルFCへの5年間移籍を決めました。2015-2016シーズンは最終的に2002-2003シーズンのティエリ・アンリの20アシストに次いで、「リーグ歴代2位の19アシスト」を記録するなど、キャリア最高のシーズンを送りました。

 エジル ドイツ代表 ユニフォームは豊富な品揃えで、最安値のユニフォームを通販しています。ご購入こちらへ!

ユベントスのディバラについて

ディバラ

パウロ・ブルーノ・エセキエル・ディバラ はアルゼンチン・コルドバ州出身のサッカー選手であります。祖父がポーランドの出身でディバラ家はイタリアの血統を持つため、多重国籍であります。ディバラ本人はアルゼンチン代表としてプレイする希望を持っています。ディバラは「La Joya(宝石)」の愛称であります。17歳の時に地元のクラブであるインスティトゥート・コルドバでプロデビューを果たしました。

ディバラは2012年11月11日に行われたホーム戦で2-0で勝利したり初ゴールを記録しました。2014-15シーズン名声を高めて国内外からの注目を集めるようになりました。2016年2月の最近に、欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦で大会初得点を決めました。

ディバラ

2012年7月20日、パレルモはディバラと4年間の契約を結びました。 2015年6月にユヴェントスと5年間の契約で移籍が正式発表しました。背番号はジネディーヌ・ジダンやリリアン・テュラム、アンドレア・ピルロなど有名な選手が背負った「21番」であります。その後、34試合出場で19ゴール、9アシストというユヴェントスの重要な攻撃で活躍していました。

ユベントス ユニフォームは豊富に納品揃っています。ディバラはとてもスピードと創造力を持って人気があります。ディバラのユニフォーム、ご希望の場合はこちらへ!

ユベントス ユニフォーム 購入

 

インテルミラノのヨベティッチについて

ヨベティッチ

ステヴァン・ヨベティッチは1989年11月2日に生まれ、モンテネグロ・ポドゴリツァ出身のサッカー選手です。インテル・ミラノに所属してポジションFWとしてモンテネグロ代表です。

2000年から2003年までムラドスト・ポドゴリツァのユースチームで育ちました。2003年、ヨベティッチがパルチザン・ベオグラードに加入しました。そして、2006年4月8日に行われた国内リーグ戦の対ヴォツトヴァック戦において、才能を見抜いていました。2007年8月2日にはUEFAカップ、NKズリニスキ戦においてハットトリックを達成し、5-0の勝利に貢献しました。

ヨベティッチ

2007年12月にはイギリスの大衆紙であるザ・サンに、「ヨーロッパにおける20歳以下選手のトップ20」に選ばれ、2008年1月にはレアル・マドリードの練習に参加し、ループシュートを決めるとなどその大物ぶりを見せ、同年4月に、フィオレンティーナと正式にサインして移籍しました。後すぐにFCバルセロナとの親善試合に途中交代で出場し、わずか数回のボールタッチのみでヴィオラティフォージを沸かせ、拍手を受けました。2008-09シーズンが始まると、チーム内で絶対的なエースであるアドリアン・ムトゥの控えというポジションでスタートしました。また、2009年9月30日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのリヴァプール戦でチームの勝利に貢献しました。2011-12シーズン開幕前のキャンプ中に新シーズンの副キャプテンとなることが公式に発表されました。それに、同シーズン中の10月31日にフィオレンティーナとの契約を2016年6月30日まで延長したと公式に発表されました。2013年7月18日、ヨヴェティッチのマンチェスター・シティ移籍がクラブ間合意に達したとフィオレンティーナが発表しました。2014-15シーズン終了後、インテルへ移籍しました。背番号も35番から10番を着用することになりました。

ヨベティッチ インテルミラノ ユニフォームを豊富に取り揃えております。ご購入こちらへ!

日本代表の武藤嘉紀について

武藤嘉紀

武藤嘉紀は、東京都世田谷区出身のサッカー選手です。今は、ブンデスリーガ・1.FSVマインツ05に所属してミッドフィールダー、フォワードでとしてプレーしています。慶應義塾大学経済学部から卒業しました。

小学校4年時よりFC東京のスクールを通っています。2005年に東京都世田谷区立桜丘中学校進学時から同クラブ下部組織に加入しました。2007年のU-15高円宮杯で全国大会得点ランキング2位に輝いたことなどが評価され、2008年U-18へ昇格して2010年、2種登録選手‎としてトップチームに登録されていました。2011年、慶應義塾大学経済学部へ進学し、ソッカー部に所属しました。2012年6月、ユース時代を過ごした古巣FC東京に特別指定選手として登録され練習に参加しました。2013年3月に行われたデンソーカップチャレンジサッカーでは、関東大学選抜Aとして出場し、2年生で唯一ベストイレブンに選出されたました。その活躍が認められて同月の全日本大学選抜に選出され、ドイツキャンプ及びデンソーカップサッカー日韓大学定期戦に参加して、同年7月FC東京に特別指定選手として登録されると、同月6日のJ1第14節広島戦で途中出場し、Jリーグデビューを果たしました。

武藤嘉紀

2014年からFC東京へ正式に加入しました。同年J1第1節の対柏レイソル戦にて、FC東京の新人選手となるJリーグ開幕戦での先発出場を果たしました。2014年9月、キリンチャレンジカップ2014に臨む日本代表に招集され、5日のウルグアイ戦で国際Aマッチ初出場を果たし、同月9日のベネズエラ戦で初得点を決めました。2015年夏季の海外移籍を視野に契約を更新し、Jリーグでの登録をFWに変更しました。FC東京からの移籍容認に十分な活躍を続けたことで、2015年5月30日にFC東京から同クラブへの移籍が発表されました。8月10日のDFBポカール1回戦エネルギー・コットブス戦でマインツ移籍後の公式戦に初出場し、同月15日にブンデスリーガ開幕節のインゴルシュタット戦に1トップで途中出場してリーグ戦デビューを果たしました。そして、10月31日、第11節のFCアウクスブルク戦で自身プロ初のハットトリックを決めてマン・オブ・ザ・マッチに選出されました。2005年に東京都世田谷区立桜丘中学校進学時から同クラブ下部組織に加入しました。2008年よりU-15からU-18へ昇格しました。2011年、慶應義塾大学のソッカー部に所属して2014年からFC東京へ正式に加入しました。2015年5月30日にFC東京から同クラブへの移籍を決めました。

武藤嘉紀 日本代表 ユニフォームは豊富に納品揃っています。ご購入こちらへ!

日本代表の川島永嗣について

川島永嗣

川島永嗣は埼玉県与野市出身のサッカー選手でスコティッシュ・プレミアシップのダンディー・ユナイテッドに所属しての日本代表です。

少年時代は地元の与野八幡サッカースポーツ少年団で基礎を学びました。高校3年の間に選手権・国体・高校総体と高校サッカー3大全国大会すべてに出場しました。卒業後、地元クラブである大宮アルディージャへの加入して若手選手たちが出場する「ヴィニョーラ・トーナメント」に参加して、チームは優勝に貢献して、ベストゴールキーパーに選出されました。

2002年、AFCユース選手権に出場するU-19日本代表に選出され、不動のレギュラーとして活躍しました。2003年12月に行われたFIFAワールドユース選手権でも、イングランド戦、エジプト戦で数々のスーパーセーブを見せ、チームのベスト8進出に貢献しました。2004年、名古屋グランパスエイトに移籍しました。2006年のシーズン終了後に、2007年シーズンに川崎フロンターレから獲得のラブコールを受けて完全移籍しました。シーズン開幕から正GKとして全試合フル出場を続け、川崎の弱点と見られていたポジションを補って活躍を見せました。2008年2月17日、東アジアサッカー選手権・対北朝鮮戦でA代表デビューを果たしました。2010年、テストマッチ・対イングランド戦を通じて、正GKの座を獲得しました。2011年に準決勝の韓国戦のPK戦では彼の活躍で日本代表の2大会ぶりの優勝に貢献しました。2012年、スタンダール・リエージュと3年契約を結び、同クラブへの完全移籍が発表されました。2014年6月に開催された2014 FIFAワールドカップでは、日本代表史上初めて背番号「1」をつけて試合に出場しました。2015年5月23日、スタンダール・リエージュを退団する事が発表された。11月3日にスコットランドのダンディー・ユナイテッドFCにの移籍を発表され、12月29日に正式に加入します。所属チームが決まった事もあり、2016年には代表を果たして活躍を見せました。

川島永嗣

卒業後、地元クラブである大宮アルディージャへ加入しました。2004年、名古屋グランパスエイトに移籍しました。そして、2007年シーズンに川崎フロンターレに完全移籍しました。2010年、ベルギー・ジュピラーリーグ(1部)に昇格したばかりのリールセSKへ2年契約で完全移籍しました。また、2012年、スタンダール・リエージュと3年契約を結びました。2015年5月23日、スタンダール・リエージュを退団しました。それに、12月29日にスコットランドのダンディー・ユナイテッドFC正式に加入します。

日本代表の川島永嗣に関するユニフォームは豊富に納品揃っています。ご購入こちらへ!

日本代表 ユニフォーム 購入

日本代表の清武弘嗣について

清武弘嗣

清武弘嗣は大分県大分市生まれのサッカー選手であります。小学生時代は、父親が務めた大分市立明治北小学校サッカークラブでップチームに昇格しました。2008年にトップチームに昇格しました。清武弘嗣は状況判断力が優れた万能アタッカーで、ミスが少ないという評価があります。2011年にA代表デビューを果たして、日本代表のメンバーとしても活躍しています。

2010年、清武弘嗣はセレッソ大阪に完全移籍しました。香川真司の移籍後欠番となっていたセレッソ大阪のエースナンバー背番号8を継承して、7月1日付けでドイツ・ブンデスリーガの1.FCニュルンベルクへの完全移籍しました。次に2014年7月25日ハノーファー96への完全移籍を決めました。2015-16シーズンからハノーファーの背番号10を身につけることを発表され、ホーム最終節となったホッフェンハイム戦では決勝ゴールを決めて、チームの勝利に貢献しました。2016年6月10日にリーガ・エスパニョーラ・セビージャFCへ完全移籍と発表しました。

清武弘嗣

2011年U-22日本代表として出場したロンドンオリンピック・ アジア地区最終予選の対マレーシア戦で全得点を取って、日本代表のオリンピック出場に貢献したため、2014年5月12日にW杯ブラジル大会の日本代表メンバーに選出されました。

日本代表 ユニフォームは豊富に納品揃っていて、ご安心して買い手いただくようお願い申し上げます!。ご購入こちらへ!

日本代表 ユニフォーム 購入