ポルトガル代表のロナウドについて

ロナウド

 ロナウドはブラジル連邦共和国リオデジャネイロ市出身の元サッカー選手であります。小さい頃からヨーロッパに渡り、FCバルセロナ、インテル・ミラノ、レアル・マドリード、ACミランといったクラブでプレーでしたことがあります。ポジションはフォワードとしてプレーしています。

 

 ロナウドは1996年にはKNVBカップ優勝に貢献しました。オランダでの活躍が認められ、1996年にスペインのFCバルセロナへ移籍してスペイン国王杯の優勝に貢献して、リーガ得点王に輝いました。2002年に大会が開幕するとリバウド、ロナウジーニョと”3R”と呼ばれる攻撃トリオを組み、グループリーグから得点を量産しました。準々決勝のイングランド戦以外の全試合で得点をあげ、8得点を挙げ得点王に輝くと共に、ブラジルの5度目のワールドカップ制覇に貢献しました。準決勝トルコ戦ではフットサル張りのトーキックで決勝点を決めて、決勝のドイツ戦では2得点を決める時活躍していました。

ロナウド

2008年のシーズンオフ、契約満了にともないACミランを退団しました。その後ブラジルのフラメンゴでリハビリや練習を続けていたが、2008年12月コリンチャンスに加入しました。2014年12月北米サッカーリーグのフォートローダーデイル・ストライカーズの共同オーナーに就任しました。

 ポルトガル代表 2016  ユニフォームを豊富に納品揃えています。ご購入こちらへ!

ポルトガル ユニフォーム 購入

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です