ドイツ代表のエジルについて

エジル

 

エジルはドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州ゲルゼンキルヒェン出身のサッカー選手であります。幼少期は、金網で囲まれた「サルの檻」と呼ばれるコートでストリートサッカーをやっていました。7歳の時に、ゲルゼンキルヒェンにあるクラブでサッカーをプレー始め、2000年から5年間ロートヴァイス・エッセンのユースに在籍していました。その後シャルケ04のユースに移って、2006年夏にトップチームに昇格して、2006-07シーズン第1節のアイントラハト・フランクフルト戦でデビューしました。アーセナルFC所属のドイツ代表でMFとして活躍しています。

 

2010年の南アフリカW杯での活躍によってリーガ・エスパニョーラやプレミアリーグなどのいくつものクラブから注目を集めるため、レアル・マドリードは最後のオファーを出して、8月17日6年の契約でレアル・マドリードへの移籍が発表されました。デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦では移籍後初ゴールも挙げました。UEFA EURO 2012においては、ドイツ代表の主力として10試合全勝での予選勝ち抜けに貢献しました。グループBを3戦全勝で勝ち抜け、準決勝でイタリア代表に敗れたもののエジルはPKからその試合唯一の得点を記録して、大会優秀選手の一人に選ばれ、本戦において、オランダ、ポルトガル、デンマークと同じグループで「死のグループ」と呼ばれました。また、2011年3月6日のラシン戦では2つのアシストを記録して、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれました。この試合後、母国ドイツを始め欧州や南米のメディアから「フットボールのモーツァルト」という高い評価がありました。

エジル

エジルは2013年9月2日アーセナルFCへの5年間移籍を決めました。2015-2016シーズンは最終的に2002-2003シーズンのティエリ・アンリの20アシストに次いで、「リーグ歴代2位の19アシスト」を記録するなど、キャリア最高のシーズンを送りました。

 エジル ドイツ代表 ユニフォームは豊富な品揃えで、最安値のユニフォームを通販しています。ご購入こちらへ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です