コロンビア代表のハメス・ロドリゲスについて

ハメス・ロドリゲス

 ハメス・ダビド・ロドリゲス・ルビオは、コロンビア・ククタ出身のサッカー選手です。スペイン・リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリードに所属してのコロンビア代表です。ポジションはミッドフィールダー、フォワードです。若手選手の中で世界でもベストな選手の一人という評価があります。

2006年にコロンビアの当時2部に所属していたエンビガドでプロキャリアとしてプレー始め、2007年にはトップリーグへ昇格しました。そして、2008年にアルゼンチンのバンフィエルドと契約し、外国人選手としてアルゼンチンのサッカー史上最年少のゴール記録を挙げました。2009年レギュラーとして2009年のアペルトゥーラ全試合に出場し、9月26日に行われるニューウェルズ・オールドボーイズ戦でチームに重要な勝利をもたらし、最終的にクラブ史上初となる優勝に貢献しました。また、2010年2月10日に行われたモナルカス・モレリア戦では初ゴールを記録したほか、翌週に行われたコパ・リベルタドーレスのグループリーグ突破を争うアウェイのデポルティーボ・クエンカ戦では4-1の勝利に貢献したため、自身の評価も高めました。

ハメス・ロドリゲス

2010年12月15日のCSKAソフィア戦で公式戦初ゴールを記録しました。タッサ・デ・ポルトガル決勝のヴィトーリア・ギマランイス戦ではハットトリックを達成し、1アシストも記録しました。また、2011-12シーズンは公式戦で14ゴールを挙げ、11アシストを記録しました。こうした活躍からハメスは開幕月の8月から11月までの月間最優秀選手に選出されました。UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13のグループステージのパリ・サンジェルマン戦では試合唯一のゴールを記録したため、ポルトはその時点でグループの首位に立ちました。なお、2013年シーズン最終節のパソス・デ・フェレイラ戦ではペナルティキックを獲得して、3連覇を達成した後、移籍することが発表されました。2014年8月19日に行われたスーペルコパ・デ・エスパーニャのアトレティコ・マドリード戦にクリスティアーノ・ロナウドと交代で後半から出場し、初ゴールを記録しました。そして、2015年シーズン初出場となったレアル・ベティス戦ではフリーキックとバイシクルキックにより2ゴールを挙げ、ガレス・ベイルのゴールをアシストするなどマン・オブ・ザ・マッチに選出され、彼の活躍を披露しました。2016年6月3月、アメリカ代表とのコパ・アメリカ・センテナリオ開幕戦では、1得点をあげる活躍をみせて勝利に貢献しました。

コロンビア代表ハメス・ロドリゲスに関するユニフォームは豊富に納品揃っています。ご購入こちらへ!

コロンビア代表 ユニフォーム 購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です