オランダ代表のロッペンについて

ロッペン

アリエン・ロッベンは1984年1月23日に生まれ、オランダ・フローニンゲン州ベドゥム出身のサッカー選手です。今はブンデスリーガ・バイエルン・ミュンヘンに所属してポジションはフォワード、ミッドフィールダーとして活躍しています。

アリエン・ロッベンは地元のクラブ、VVベドゥムでサッカーを始めました。2000年に16歳のロッペンはFCフローニンゲンに加入して、レギュラーとしてプレーした後、2002年にPSVへ移籍しました。ここでも1年目から12得点を挙げ、2002-03年度のヨハン・クライフ賞を受賞しました。そして、2004年3月にチェルシーFCに入団しました。サッカーオランダ代表として2006 FIFAワールドカップでは初戦のセルビア戦で18分の決勝点を挙げて、試合のマン・オブ・ザ・マッチとなりました。2007年8月22日、スペインのレアル・マドリードへの5年契約移籍して左サイドMFのポジションでスターティングメンバーを獲得しました。2009年8月28日、バイエルン・ミュンヘンと合意して移籍してから背番号10を背負うこととなりました。

ロッペン

2010年4月17日のハノーファー96戦で自身初のハットトリックを達成し、4月21日のオリンピック・リヨンとのチャンピオンズリーグ準決勝1stレグでも決勝点となるミドルシュートを決め決勝進出に貢献しました。それにシーズン終了後、ドイツ年間最優秀選手に選出されました。2012-13シーズン、ブンデスリーガを当時史上最速で優勝すると、2年連続でUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出し、同じドイツの最大のライバルであるボルシア・ドルトムントを破って悲願の優勝を果たしました。そして、DFBポカールも優勝し、ドイツ史上初の3冠に達成し、同年にはUEFAスーパーカップ、FIFAクラブワールドカップでも優勝、この年5冠を達成しました。

ロッペン オランダ代表 ユニフォームを豊富に取り揃えております。ご購入こちら