インテルミラノのヨベティッチについて

ヨベティッチ

ステヴァン・ヨベティッチは1989年11月2日に生まれ、モンテネグロ・ポドゴリツァ出身のサッカー選手です。インテル・ミラノに所属してポジションFWとしてモンテネグロ代表です。

2000年から2003年までムラドスト・ポドゴリツァのユースチームで育ちました。2003年、ヨベティッチがパルチザン・ベオグラードに加入しました。そして、2006年4月8日に行われた国内リーグ戦の対ヴォツトヴァック戦において、才能を見抜いていました。2007年8月2日にはUEFAカップ、NKズリニスキ戦においてハットトリックを達成し、5-0の勝利に貢献しました。

ヨベティッチ

2007年12月にはイギリスの大衆紙であるザ・サンに、「ヨーロッパにおける20歳以下選手のトップ20」に選ばれ、2008年1月にはレアル・マドリードの練習に参加し、ループシュートを決めるとなどその大物ぶりを見せ、同年4月に、フィオレンティーナと正式にサインして移籍しました。後すぐにFCバルセロナとの親善試合に途中交代で出場し、わずか数回のボールタッチのみでヴィオラティフォージを沸かせ、拍手を受けました。2008-09シーズンが始まると、チーム内で絶対的なエースであるアドリアン・ムトゥの控えというポジションでスタートしました。また、2009年9月30日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのリヴァプール戦でチームの勝利に貢献しました。2011-12シーズン開幕前のキャンプ中に新シーズンの副キャプテンとなることが公式に発表されました。それに、同シーズン中の10月31日にフィオレンティーナとの契約を2016年6月30日まで延長したと公式に発表されました。2013年7月18日、ヨヴェティッチのマンチェスター・シティ移籍がクラブ間合意に達したとフィオレンティーナが発表しました。2014-15シーズン終了後、インテルへ移籍しました。背番号も35番から10番を着用することになりました。

ヨベティッチ インテルミラノ ユニフォームを豊富に取り揃えております。ご購入こちらへ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です