日本代表の川島永嗣について

川島永嗣

川島永嗣は埼玉県与野市出身のサッカー選手でスコティッシュ・プレミアシップのダンディー・ユナイテッドに所属しての日本代表です。

少年時代は地元の与野八幡サッカースポーツ少年団で基礎を学びました。高校3年の間に選手権・国体・高校総体と高校サッカー3大全国大会すべてに出場しました。卒業後、地元クラブである大宮アルディージャへの加入して若手選手たちが出場する「ヴィニョーラ・トーナメント」に参加して、チームは優勝に貢献して、ベストゴールキーパーに選出されました。

2002年、AFCユース選手権に出場するU-19日本代表に選出され、不動のレギュラーとして活躍しました。2003年12月に行われたFIFAワールドユース選手権でも、イングランド戦、エジプト戦で数々のスーパーセーブを見せ、チームのベスト8進出に貢献しました。2004年、名古屋グランパスエイトに移籍しました。2006年のシーズン終了後に、2007年シーズンに川崎フロンターレから獲得のラブコールを受けて完全移籍しました。シーズン開幕から正GKとして全試合フル出場を続け、川崎の弱点と見られていたポジションを補って活躍を見せました。2008年2月17日、東アジアサッカー選手権・対北朝鮮戦でA代表デビューを果たしました。2010年、テストマッチ・対イングランド戦を通じて、正GKの座を獲得しました。2011年に準決勝の韓国戦のPK戦では彼の活躍で日本代表の2大会ぶりの優勝に貢献しました。2012年、スタンダール・リエージュと3年契約を結び、同クラブへの完全移籍が発表されました。2014年6月に開催された2014 FIFAワールドカップでは、日本代表史上初めて背番号「1」をつけて試合に出場しました。2015年5月23日、スタンダール・リエージュを退団する事が発表された。11月3日にスコットランドのダンディー・ユナイテッドFCにの移籍を発表され、12月29日に正式に加入します。所属チームが決まった事もあり、2016年には代表を果たして活躍を見せました。

川島永嗣

卒業後、地元クラブである大宮アルディージャへ加入しました。2004年、名古屋グランパスエイトに移籍しました。そして、2007年シーズンに川崎フロンターレに完全移籍しました。2010年、ベルギー・ジュピラーリーグ(1部)に昇格したばかりのリールセSKへ2年契約で完全移籍しました。また、2012年、スタンダール・リエージュと3年契約を結びました。2015年5月23日、スタンダール・リエージュを退団しました。それに、12月29日にスコットランドのダンディー・ユナイテッドFC正式に加入します。

日本代表の川島永嗣に関するユニフォームは豊富に納品揃っています。ご購入こちらへ!

日本代表 ユニフォーム 購入

日本代表の清武弘嗣について

清武弘嗣

清武弘嗣は大分県大分市生まれのサッカー選手であります。小学生時代は、父親が務めた大分市立明治北小学校サッカークラブでップチームに昇格しました。2008年にトップチームに昇格しました。清武弘嗣は状況判断力が優れた万能アタッカーで、ミスが少ないという評価があります。2011年にA代表デビューを果たして、日本代表のメンバーとしても活躍しています。

2010年、清武弘嗣はセレッソ大阪に完全移籍しました。香川真司の移籍後欠番となっていたセレッソ大阪のエースナンバー背番号8を継承して、7月1日付けでドイツ・ブンデスリーガの1.FCニュルンベルクへの完全移籍しました。次に2014年7月25日ハノーファー96への完全移籍を決めました。2015-16シーズンからハノーファーの背番号10を身につけることを発表され、ホーム最終節となったホッフェンハイム戦では決勝ゴールを決めて、チームの勝利に貢献しました。2016年6月10日にリーガ・エスパニョーラ・セビージャFCへ完全移籍と発表しました。

清武弘嗣

2011年U-22日本代表として出場したロンドンオリンピック・ アジア地区最終予選の対マレーシア戦で全得点を取って、日本代表のオリンピック出場に貢献したため、2014年5月12日にW杯ブラジル大会の日本代表メンバーに選出されました。

日本代表 ユニフォームは豊富に納品揃っていて、ご安心して買い手いただくようお願い申し上げます!。ご購入こちらへ!

日本代表 ユニフォーム 購入

日本代表の酒井高徳について

酒井高徳

酒井高徳は新潟県三条市出身のプロサッカー選手で、ブンデスリーガ・ハンブルガーSVに所属しています。日本の代表で、ポジションはディフェンダーとしてプレーしています。四人兄弟の次男で、二人の弟もプロサッカー選手であります。「彼はものすごくフレキシブルな選手で、両利きで、左サイドバックも右サイドバックもできる。それに、攻撃の起点としても強力だ」などという評価があります。

酒井高徳は10歳からサッカーをプレー始め、三条サッカースポーツ少年団、レザーFSジュニアユースを経て2006年にアルビレックス新潟ユースに入団し、U-16日本代表に選出されました。以後U-17、U-18と各カテゴリの代表チームに選出されました。2008年にはU-20日本代表へも選出され、SBSカップ 国際ユースサッカーへ出場しました。2009年3月7日に味の素スタジアムで開催されたJ1第1節でリーグ戦に初出場しました。同年度は途中出場を中心にリーグ戦18試合に出場しました。2010年度よりレギュラーとして試合出場するようになり、翌2011年10月1日、東北電力ビッグスワンスタジアムで開催されたJ1第28節でプロ初得点を果たしました。2012年9月6日に故郷、新潟にある新潟スタジアムで行われたキリンチャレンジカップ2012、対UAE戦でA代表デビューを果たしました。2014年5月12日にW杯ブラジル大会の日本代表メンバーに選出されました。

酒井高徳

酒井高徳は2011年12月23日、ブンデスリーガ・VfBシュトゥットガルトへの期限付き移籍が発表して、新潟の生え抜きの選手が欧州のクラブに移籍するケースはこれが初です。2013年1月10日、VfBシュトゥットガルトへ完全移籍に決めました。2015年7月5日にハンブルガーSVへ完全移籍しました。

日本代表 酒井高徳 ユニフォームは豊富に納品備えっています、激安に販売しています。着るとサッカー選手との親近感が溢れるでしょう!ご購入はこちらへ!

日本代表 ユニフォーム 購入